新台 導入k8 カジノAmazon AlexaでITmediaを“聴く”方法仮想通貨カジノパチンコポーカー 上達 法

投稿者:

新台 導入k8 カジノAmazon AlexaでITmediaを“聴く”方法仮想通貨カジノパチンコポーカー 上達 法

新台 導入k8 カジノAmazon AlexaでITmediaを“聴く”方法仮想通貨カジノパチンコポーカー 上達 法

sportsbook gambling sitesk8 カジノ

スロット ハナハナ 設定 判別 AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」が、ついに日本語対応を果たしました。Amazon.co.jpでも、純正のAlexa対応スマートスピーカー「Amazon Echo」「Amazon Echo Dot」「Amazon Echo Plus」の招待による販売が始まっています。

→「Amazon Echo」が来週日本上陸! 「Echo Dot」や「Echo Plus」も

 Alexaは「フラッシュブリーフィング」と呼ばれるニュースの読み上げ機能を備えています。アイティメディアでも、「ITmedia NEWS」「ITmedia Mobile」「ITmedia PC USER」「ITmedia LifeStyle」「ITmedia ビジネスオンライン」がこの機能に対応しています。

→ITmediaのニュースが「Amazon Alexa」に対応

 アイティメディアの提供するニュースをAlexa対応デバイスで読み上げてもらうには、ちょっとした設定が必要です。この記事では、その方法をご紹介します。

AndroidスマートフォンとEcho Dot手順1:Alexa対応デバイスをセットアップする

 まず、スマートフォン・タブレットに「Amazon Alexa」アプリをインストールし、Amazonアカウントでログインします。アプリは「Google Play」または「App Store」からダウンロードできます。

→Android版→iOS版Google PlayApp StoreAmazon AlexaアプリはGoogle Play(Android版)またはApp Store(iOS版)からダウンロードできる

 アプリを起動したら、Amazonアカウントでログインしましょう。ログイン後、アプリメニューの「設定」からAlexa対応デバイスを登録します。Amazon.co.jpで購入したEchoシリーズの場合、購入に使ったAmazonアカウントでログインするとあらかじめデバイスがひも付けられているのでセットアップが簡単です。詳しい手順は、以下の記事を参照してください。

→ついに日本上陸 「Amazon Echo Dot」をセットアップしてみたあらかじめ登録済みのEcho Dotセットアップ手順Amazon.co.jpで購入したEchoシリーズは、購入時に使ったAmazonアカウントにあらかじめひも付けられているため、セットアップが簡単に行える

 他のAmazonアカウントで購入した場合など、アカウントと結び付いていないEchoシリーズを使う場合は、設定画面の「新しいデバイスを追加」をタップしてセットアップをします。その他のAlexa対応デバイスを使う場合は、そのデバイスの取扱説明書などに従ってセットアップしましょう。

手順2:スキルを追加する

 アイティメディアのニュースをAlexa対応デバイスで読んでもらうには、読んでほしいニュースの「スキル」を追加する必要があります。以下の手順に従って追加しましょう。

Alexaアプリのメニューの「スキル」をタップ「全てのスキル」画面の検索ボックスに「ITmedia」と入力して検索(※)ニュースを読み上げてほしいメディアをタップ「有効」をタップしてしばらく待つ

※ 大文字・小文字は問いませんが、カタカナで「アイティメディア」と検索すると出てきませんので注意してください!

スキルを選んで……「ITmedia」で検索Alexaアプリのメニューから「スキル」を選択して(写真=左)、「ITmedia」で検索する(写真=右)メディアを選んで……有効にする読み上げてほしいメディアをタップして(写真=左)、「有効にする」をタップする(写真=右)

 複数のメディアのニュースを読んでほしい場合は、スキルの検索結果の画面に戻って3、4の手順を繰り返しましょう。

手順3:Alexa対応デバイスに話しかける

 希望のスキルを追加したら、指定の言葉(標準では「アレクサ」)でAlexa対応デバイスに呼びかけた後、「ニュースを読んで」「ニュースを聞きたい」と話しかけてみましょう。正しくセットアップされていれば、追加したメディアのニュースを読み上げてくれます。

 読み上げられたニュースが気になったら、スマホ・タブレットのAlexaアプリを開いてみてください。「ホーム」にカード形式で読み上げられたニュースが表示されます。カードの「もっと読む」をタップすると、ブラウザで当該記事を読めます。

履歴はカード形式で読み上げたニュースは、Alexaアプリの「ホーム」にも表示される。「もっと読む」をタップすると、元になった記事のページにジャンプできる。ただし、筆者の環境ではiOS版で正しくジャンプできないトラブルが発生した(原因不明)読み上げるメディアを選択する

 フラッシュブリーフィングでは、基本的に新しく追加されたメディア(スキル)から順番にニュースを読み上げます。そのため、読み上げるメディアが増えると「いつまでも読み終わらない」という問題が起こり得ます。

 この問題が発生した場合、読み上げ対象のメディアのオン/オフを切り替えることで対処できます。手順は以下の通りです。

アプリメニューの「設定」から「フラッシュニュース」をタップメディア一覧の中から、スキップしたいメディアのスイッチをオフにする

 スイッチをオフにしたメディアの読み上げを再開したい場合は、スイッチをオンにするだけでOKです。

「フラッシュニュース」から……読み上げをオフにできる.導入済みのメディア(スキル)の読み上げをスキップしたい場合は、設定の「フラッシュニュース」を選んで(写真=左)、飛ばしたいメディアのスイッチをオフにする(写真=右)。一度オフにしたメディアも、再度スイッチを入れれば読み上げを再開するメディアの読み上げ順序を変える

 また、メディアが増えてしまうと、「先に読んでほしいメディアがなかなか読まれない」という問題が発生する可能性もあります。

 先に読んでほしいメディアがある場合、メディアの読み上げ順序を変更することで対処できます。手順は以下の通りです。

アプリメニューの「設定」から「フラッシュニュース」をタップ画面の右上にある「順番を変更」をタップつまみを上下にドラッグして順番を入れ替え入れ替え終わったら画面右上の「完了」をタップ「順番を変更」をタップして……順序を入れ替えフラッシュニュース設定の「順番を変更」をタップ(写真=左)すると、読み上げ順序を入れ替えできる(写真=右)


 これで、Alexa対応デバイスでアイティメディアのニュース記事を聴けるようになります。お持ちの方は、ぜひ試してみてください!

関連キーワードAIアシスタント | Alexa | Amazon | スマートスピーカー | Amazon Echo仮想通貨カジノパチンコ日本 代表 サッカー 16

コメントを残す